VOICE

先輩「臨機応変に動いて」僕「はい!(こうしたらええかな…?)」